会長挨拶

message.jpg

住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会会長の齊藤広子でございます。

例年、あじさいの美しいこの時期に、定時社員総会を開かせていただき、本年も無事に開催の運びとなりましたこと、大変うれしく、そして感謝申し上げます。

会員の皆様には常日頃、本協議会の活動にご尽力・ご協力いただいておりますこと、そして、本日はご多忙中にもかかわらず、総会にご出席いただきましたこと、心より御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

本協議会は2010年5月の設立以来、住宅履歴情報(いえかるて)が、国民の皆さまの豊かなくらしにつながるように、活動をしてきているところでございますが、この数年、私達の役割がますます大きくなってきているところでございます。

住宅を新たにつくる時代から使いこなしていく時代になりました。そのなかで、既存住宅の取引が重要になる中で、「安心R住宅制度」で履歴情報の存在が求められ、また「改正宅建業法」による既存住宅取引には住宅履歴情報がなくてはならないものになっております。

さて、本協議会は、来年度はいよいよ10周年目を迎えます。あらたなステージに向かい、その準備期間として、この大事な1年を、協議会が一丸となり、国民の豊かな暮らしに絶対に必要な住宅履歴情報が確実に普及し、情報サービス機関がしっかりと活動していけるように、会員増を目指し、取り組んでいくべき重要な時期だと考えております。

まさに、住宅履歴情報が「蓄積の時代」から「活用の時代」となってまいりました。

いえかるての本格的な普及が求められております。今後もますます、協議会は一つになって、いえかるての普及、そして蓄積と利活用の推進に取り組んでまいりたいと考えております。
 どうぞよろしくお願いいたします。

2019年6月(定時社員総会、開会挨拶より)

一般社団法人住宅履歴情報蓄積・活用推進協議会会長 齊藤広子
(横浜市立大学国際総合科学部教授)